任意売却のメリットデメリット

ローンを完済していなくても家を売却できますが、6ヶ月以上の住宅ローンの滞納が任意売却の要件であり信用情報に傷がつきます。

任意売却についてのよくある質問

費用はどれくらいかかるのか

一般の不動産の売却と同様に仲介手数料がかかります。売却額から手数料が差し引かれます。

近所は勤め先にバレないのか

競売とは異なり通常の売却と同様、個人情報が公開されることはなく近所や勤め先にバレません。

自己破産ができなくなるのでは

住宅ローンを組んだ金融機関に優先的に返済しますが、任意売却の場合は自己破産は可能です。

確定申告は必要になりますか


任意売却により得た売却金は譲渡所得となりますので、税金を確定するため確定申告が必要です。

離婚後の住宅ローンについて

住宅ローンが残っている状態で離婚し、返済を滞納すると任意売却の対象となる場合があります。

競売にならずに済むシステム

男女

住宅ローンを支払えない状態がある程度の期間続くと、自宅を売り払ってでも払わなければいけないタイミングがきます。そのタイミングの中で最も遅いのが競売というもので、ほとんど強制的に自宅を手放すことになります。そこで得たお金で住宅ローンを支払うことになるのですが、相場よりも安いことがほとんどです。しかも、住まいが競売にかけられたことは、インターネットで公開されてしまうので、知人や同僚に知られてしまうかもしれません。そのようなデメリットばかりの競売を避けるために用意されているのが任意売却というシステムです。任意売却を行うタイミングは競売になる前ならいつでもよく(もちろん早いほうがよい)、相場と変わりない金額で住まいを売れる可能性が高いので、できる限り損を抑えられます。 住宅ローンを支払えない状態がある程度の期間続くと、自宅を売り払ってでも払わなければいけないタイミングがきます。そのタイミングの中で最も遅いのが競売というもので、ほとんど強制的に自宅を手放すことになります。そこで得たお金で住宅ローンを支払うことになるのですが、相場よりも安いことがほとんどです。しかも、住まいが競売にかけられたことは、インターネットで公開されてしまうので、知人や同僚に知られてしまうかもしれません。そのようなデメリットばかりの競売を避けるために用意されているのが任意売却というシステムです。任意売却を行うタイミングは競売になる前ならいつでもよく(もちろん早いほうがよい)、相場と変わりない金額で住まいを売れる可能性が高いので、できる限り損を抑えられます。

手続きを代わりにやってくれる

お金と電卓

任意売却をするためには不動産関連の資格がいるわけではないため、やり方をきちんと学べば、自分自身でも決行することができます。しかし、学ばなければいけないことが多いため、滞納している状態が長ければ、勉強している暇がないかもしれません。もしも、手遅れになり競売にかけられたくないなら、任意売却のプロに自身の代わりにやってもらうことをおすすめします。できる限り損をしないように動いてくれるため、自分自身で行ったときよりも手にするお金が増えるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中